熟女系のデリヘルが40代だけではなく50代や60代も募集しているとはいえ、誰でも働けると言った事はありません。面接を行う採用担当者もプロですから、しっかりとした目で選んでいます。60代でも働く事のできる熟女系デリヘルの面接で最も重点的に見られているのは性格です。

面接官の方が年下ですのでついつい上から目線で話してしまうような方は、面接クリアする事は難しいと思います。60代でも働く事ができるデリヘルの場合には、ほぼ100パーセントが自分よりも年下の方になります。年下でもお金を払ってくれる大事なお客様ですので、そういった方に自然に敬語で話せるような方でないと面接をクリアしてデリヘルで働く事は難しいと言えます。

次に注目されているのが、身だしなみです。デリヘルはお客様と肌を触れあわせるお仕事になります。そのため、一般的なお仕事よりも清潔感などが重要になります。お客様を不快にさせてはいけませんので、身だしなみはかなり注目される判断ポイントになります。特に派手な洋服でいかなければいけなかったり、着物でなければいけないというわけではありませんが、身なりを整えた上で、面接会場に向かうのがポイントになります。風俗だからと甘く見ていると受からなくなってしまいます。

Comments are closed.